2010年01月26日

文化の違い。を超えて

keitai100125_2s.JPGかねてから足を運びたいと思っていた、大阪は今福鶴見にある「とりみカフェ ぽこの森」さんに初めて行ってきました。

ブブを失った悲しみから立ち直れず、救いを求めてフラフラと。

ガラス張りのバードランに、10羽ほどの(もっといたかな?)の色んな種類の小鳥たちが遊ぶのを眺めながらお茶ができる、小鳥好きにはたまらないカフェです。

お目当てだったサザナミインコの「うるめちゃん」もバードランに勤務中でラッキーでした。

実は私、ブブ以外のサザナミインコさんをあまり見た事がなく、「うるめちゃん」の謎めいた行動に在りし日のブブを重ね合わせて、哀しくも暖かい気持ちになりました。

スタッフの方も本当に鳥を愛しておられる気さくな方で、お話できて楽しかったですし、紅茶がこれまた美味で◎。

帰りがけに、素敵なポストカードをいただきました。

サザナミインコの「うるめちゃん」と桜文鳥の…何ちゃんだろう??(名前、聞いとけばよかった)の写真。

keitai100125s.JPG「文化の違い。」とあります(笑)。

文鳥にとっては口を開けるのは威嚇に当たる行為だけど、インコにとっては挨拶を意味するのだと聞きました。

その「文化の違い。」の妙を捉えた名ショットです。

うちのピッピとブブも、しょっちゅうこういうことをやってましたっけ。

でも「文化の違い。」を超えて、ピッピとブブはなんだかんだ言って仲が良かったと思うんですよ。

先日、ブブを埋葬する前に、お別れのためにピッピにも亡がらに対面させました。

するとピッピはやおらステップを踏み始めて、ブブの亡がらに求愛ダンス&ソングを捧げたのです。

もうブブは動かないのに…。

ブブの亡き後、ブブがかつて大好きだった場所でピッピはよく遊ぶようになりました。

心の中のブブは、ずっと生きています。
posted by コオロギ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

どうして、こんなに早い別れ

先週の水曜日、13日の夜にブブが息を引き取りました。

10日の明け方に呼吸状態が悪化しているのに気づいて、慌てて病院に連れて行き、そのまま入院。

それから3日経った13日の朝に、容態が落ち着いたとの病院からの連絡を受けて、仕事の後で急いで迎えに行きました。

「お帰り。よく頑張ったね」と声をかけるとブブは「ふにゃー」といつもどおりの返事をしてくれて、帰宅を喜んでいるようでした。

勢いよくエサをついばんでみせたり、ピッピと鳴き交わしたり、私の鼻歌に反応して目をくるくる輝かせながら身を乗り出してみたり、その様子を見て私は心から安堵したのです。

そしてほんの少しだけケージのそばを離れた間のことです。

ブブは亡くなっていました。

もう何がなんだかわけが分からなくて、ワンワン大声をあげて泣くことしかできず、ブブの亡がらを手にしたまま、一晩を明かしました。

あれから9日が夢のように過ぎて、ブブの死にきちんと向き合うための心の準備を今、少しずつ整えようとしているところです。
posted by コオロギ at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 鳥さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

大好きな粟穂

keitai100109s.JPG粟穂を握りしめて美味しそうに食べるブブ。
微笑ましいので、見てるだけで幸せな気持ちになります。

だけど実はブブは年末から体調不良なんです。

鼻水がつまったような変な呼吸音がしたり、
全身でぜえぜえ大きく息をしているのが苦しそう。

体重も急に減ってきたので、すごく心配になって、慌てて動物病院に駆け込んだのが年の瀬も迫った28日。

いくつか薬を処方してもらって、ただいま治療中です。

以前、9月にこの子をわが家へお迎えした直後にも、呼吸器系の疾患で通院したことがありました。

体の弱い子なのかもしれません。

明日は生後5ヶ月の誕生日。
早く元気になって、長生きしてね。
posted by コオロギ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

今年もガンガン歌います

keitai100108s.JPG気づけば2010年に突入していました。

あけましておめでとうございます。

激務続きの2009年は、心身共に消耗しきって出し殻のようになってしまったけど、今年は少しは余裕ができるかな。

新しい世界を開拓する1年にしたいな。
と思ってます。

愉快なピッピくんには今年も何かと元気づけられそう。

彼の歌は今も進化中で、新しいフレーズを発明しては繰り返し練習する、その熱心さには頭が下がります。

でも、この前は帰省する電車の中でも全然物怖じすることなく歌を歌って、周りの人にジロジロ見られて、ちょっと恥ずかしかった…。
posted by コオロギ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。